• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横綱稀勢の里が「休場」 負け越し濃厚となった終盤で決断

 注目の力士が千秋楽を待たずに土俵から姿を消すことになった。

 今場所は不調が続いていた横綱稀勢の里(30)が夏場所11日目の24日、欠場した。3月の春場所で痛めた左上腕付近の負傷が完治せず、前日の10日目に2連敗で4敗目を喫して不振だった。稀勢の里の休場は大関時代の14年初場所千秋楽以来2度目。これで今場所は4横綱のうち、鶴竜に続いて2人目の休場となった。

 横綱にとっては最悪の結末を迎えた。患部の状態が思わしくないため、場所前から「休場すべき」という声が上がっていた。先代師匠の故・鳴戸親方(元横綱隆の里)から「休場はするな」と叩き込まれていたからだろう。休場をすすめる声をはねのけて強行出場を決めたのは、他ならぬ稀勢の里自身だ。それを10日目を終えて負け越しが濃厚となったからといって休場では、それこそ横綱としての責任放棄と取られても仕方がない。

 場所前、左が思うように使えない横綱を「出るも地獄、休むも地獄」と評したのは解説者の北の富士(元横綱)だ。

 稀勢の里はその言葉が身にしみていることだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事