Cロナウドのレアル退団説 マンU移籍なら名将のクビが飛ぶ

公開日: 更新日:

 欧州CLを制したレアル・マドリード(スペイン)の大黒柱クリスティアーノ・ロナウドは、ロシアで開催中の「コンフェデレーションズ杯」にポルトガル代表の一員として参加。日本時間19日午前0時キックオフのメキシコ戦は先発して90分間フル出場。存在感をアピールしたが、ピッチ外でも相変わらず話題独占だ。

 スペイン当局から「約18億円の脱税の嫌疑を掛けられている」ことに嫌気が差して、代表チームメートに「レアルを退団する。考え直すことはない」と言い切ったとスペイン国内メディアが一斉に報じ、世界中のサッカーファンが「どこに移籍するの?」「移籍金は200億円超!?」「年俸はついに30億円超!?」と興味津々なのである。

「移籍先は、2003年8月からレアルに移籍する09年6月まで在籍した、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドでしょう」と某サッカーライターがこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る