キーマンに山口俊を指名 巨人村田HC“甘すぎる”巻き返し案

公開日: 更新日:

「13連敗の頃は投手陣が失点して投打がかみ合わなかった? その通り。点を取られなければ負けへんやんか。(菅野)智之、山口、田口、マイコラス。(大竹)寛もこの前は良かったしな。そこから(八回)マシソン、(九回)カミネロがおる。(山口俊の復調で)先発5、6枚が落ち着いてくれば、打つのを待てるんや。まずは失点を減らしつつ、少ない得点で勝つ試合をやらんと」

 そう続けた村田ヘッドは、「ここのところ打線が上向き? 気持ちな。でも、相手がいい投手なら、そうそう打てん」とリーグ5位のチーム打率.243の貧打は、急には上向かないと悲観的。あくまで、先発投手を中心とした守りの野球で巻き返しを図ると言い、「先発が回数を投げてくれんと後ろ(救援陣)が潰れる。菅野のようにたまには完封、完投が欲しい? もちろん。先発は七回がメド? 毎回は無理やろうけど、そうやな。七回まで投げてくれれば、あとはマシソン、カミネロの2人につなげるから」と先発投手のノルマを「7イニング」に設定。そのキーマンに山口俊を指名したのだが、球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  8. 8

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る