芝コートで3年連続棄権 錦織圭「ウィンブルドン」に暗雲

公開日: 更新日:

 トレーナーから左でん部付近のマッサージを受け、苦悶の表情を浮かべているのは男子テニス錦織圭(27)。22日、ドイツで行われているゲリー・ウェバー・オープン2回戦の試合中のシーンだ。

 世界ランク9位の錦織は同38位のカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦。第1セット、2―3となった直後にメディカルタイムアウトを要求。治療後に試合は再開されたものの、第6ゲーム途中で棄権した。

 今大会は7月3日から行われるウィンブルドンの前哨戦。無理をする必要はまったくないとはいえ、昨年は脇腹、一昨年は左ふくらはぎの痛みで途中棄権。今回で3年連続のリタイアとなった。

「体もテニスの調子も良くなってきていたのでとても残念」とは試合後の本人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る