メジャーV目指すなら 松山に「スイングコーチ」の必要性

公開日:

 ゴルフの4大メジャー大会(マスターズ、全米OP、全英OP、全米プロ)のひとつ、全米オープンで自己ベストの2位になった松山英樹(25)。

 外国人選手にひけを取らない体格(180センチ・90キロ)と飛距離で、多くのツアープロたちからも一目置かれているが、全英オープンで日本人初のメジャータイトルの期待がかかる松山には、ある不安材料がある。米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏(ゴルフライター)がこう指摘する。

「世界のトップ選手にはみんなスイングコーチがいますが、松山にはいません。D・ジョンソンには有名なB・ハーモンがついているし、J・デイはC・スワットン、J・スピースはC・マコーミックが見ている。マスターズ2度優勝のB・ワトソンは例外です。どんなトッププロでも疲労などで、気がつかないうちにスイングが崩れるもの。いつも見ている専属コーチならスイングを修正してくれる。また、選手とじかに話すことでメンタルトレーナーの役割を果たすケースもあるのです。松山は全米の時、宮里優作の父にパッティングのアドバイスを受けていました。世界の頂点を目指すなら、スイングやパットを的確にチェックできる専属コーチとの契約を考えるべきです」

 松山は今年の全米2位がメジャーのベストフィニッシュにならぬよう、コーチの有無については再考した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る