メジャーV目指すなら 松山に「スイングコーチ」の必要性

公開日: 更新日:

 ゴルフの4大メジャー大会(マスターズ、全米OP、全英OP、全米プロ)のひとつ、全米オープンで自己ベストの2位になった松山英樹(25)。

 外国人選手にひけを取らない体格(180センチ・90キロ)と飛距離で、多くのツアープロたちからも一目置かれているが、全英オープンで日本人初のメジャータイトルの期待がかかる松山には、ある不安材料がある。米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏(ゴルフライター)がこう指摘する。

「世界のトップ選手にはみんなスイングコーチがいますが、松山にはいません。D・ジョンソンには有名なB・ハーモンがついているし、J・デイはC・スワットン、J・スピースはC・マコーミックが見ている。マスターズ2度優勝のB・ワトソンは例外です。どんなトッププロでも疲労などで、気がつかないうちにスイングが崩れるもの。いつも見ている専属コーチならスイングを修正してくれる。また、選手とじかに話すことでメンタルトレーナーの役割を果たすケースもあるのです。松山は全米の時、宮里優作の父にパッティングのアドバイスを受けていました。世界の頂点を目指すなら、スイングやパットを的確にチェックできる専属コーチとの契約を考えるべきです」

 松山は今年の全米2位がメジャーのベストフィニッシュにならぬよう、コーチの有無については再考した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る