メジャーV目指すなら 松山に「スイングコーチ」の必要性

公開日:

 ゴルフの4大メジャー大会(マスターズ、全米OP、全英OP、全米プロ)のひとつ、全米オープンで自己ベストの2位になった松山英樹(25)。

 外国人選手にひけを取らない体格(180センチ・90キロ)と飛距離で、多くのツアープロたちからも一目置かれているが、全英オープンで日本人初のメジャータイトルの期待がかかる松山には、ある不安材料がある。米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏(ゴルフライター)がこう指摘する。

「世界のトップ選手にはみんなスイングコーチがいますが、松山にはいません。D・ジョンソンには有名なB・ハーモンがついているし、J・デイはC・スワットン、J・スピースはC・マコーミックが見ている。マスターズ2度優勝のB・ワトソンは例外です。どんなトッププロでも疲労などで、気がつかないうちにスイングが崩れるもの。いつも見ている専属コーチならスイングを修正してくれる。また、選手とじかに話すことでメンタルトレーナーの役割を果たすケースもあるのです。松山は全米の時、宮里優作の父にパッティングのアドバイスを受けていました。世界の頂点を目指すなら、スイングやパットを的確にチェックできる専属コーチとの契約を考えるべきです」

 松山は今年の全米2位がメジャーのベストフィニッシュにならぬよう、コーチの有無については再考した方がよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る