練習は1日12時間 シンクロ日本復活の裏に「ハイポ」あり

公開日: 更新日:

 日本時間19日に行われたシンクロナイズドスイミングのチーム・テクニカルルーティン(TR)で日本は3位。メダル圏内で20日のフリールーティン(FR)を迎える。1位は優勝候補筆頭のロシア、2位は中国。日本と銅メダル争いが予想されるウクライナは日本に0.3310点の僅差で4位につけた。

 かつては「お家芸」としてメダルを量産してきたシンクロも、井村雅代ヘッドコーチ(HC)が04年のアテネ五輪後に中国代表コーチへ転出すると、一気にレベルダウン。前回のロンドンでは、チーム、デュエットとも5位に終わり、五輪で初めてメダルを逃す屈辱を味わった。対して中国は北京、ロンドンの2大会で3つのメダルを獲得する大躍進。改めて井村HCの手腕がクローズアップされた。

■「地獄」と呼ばれるスパルタ練習

 その井村HCが14年に復帰した途端、日本は再びメダル常連国に浮上するのだから大したものだが、それを可能にするのは選手が「地獄」と口を揃えるスパルタ練習だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る