好発進シンクロ日本 世界選手権はロシア打倒の大チャンス

公開日: 更新日:

 新生シンクロ日本代表が順調な滑り出しだ。

 海外勢も出場した30日のジャパン・オープン最終日は、チームのフリールーティン(FR)を行い、日本は93.2000点をマーク。28日のテクニカルルーティン(TR=91.5684点)と合わせて184.7684点で優勝した。同種目の大会4連覇を達成し、国際大会では3月のフレンチ・オープンに次いで2連勝。昨夏のリオ五輪金のロシア、銀の中国の2強が不在とはいえ、7月の世界選手権(ブダペスト)に向けて好スタートである。

■“絶対女王”が引退

 リオではロシア、中国の後塵を拝したが、今回の世界選手権は2強に一矢報いる千載一遇のチャンスだ。両国ともナショナルチームの再編途中だからだ。

 ロシアは、デュエット、チームを含め五輪で通算5個の金メダルを獲得したシンクロ界の絶対女王ナターリア・イシェンコ(31)が5日に引退を表明。20年東京五輪に向けて代表チームの若返りを進めており、リオ五輪のメンバーから一新するとみられている。今季は国際大会に出場していないため、実力は未知数。手足がすらりと長く、抜群のプロポーションの持ち主が揃うだけに決して侮れないものの、世界選手権には新チームの演技が未完成のままぶっつけ本番で登場する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る