• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好発進シンクロ日本 世界選手権はロシア打倒の大チャンス

 新生シンクロ日本代表が順調な滑り出しだ。

 海外勢も出場した30日のジャパン・オープン最終日は、チームのフリールーティン(FR)を行い、日本は93.2000点をマーク。28日のテクニカルルーティン(TR=91.5684点)と合わせて184.7684点で優勝した。同種目の大会4連覇を達成し、国際大会では3月のフレンチ・オープンに次いで2連勝。昨夏のリオ五輪金のロシア、銀の中国の2強が不在とはいえ、7月の世界選手権(ブダペスト)に向けて好スタートである。

■“絶対女王”が引退

 リオではロシア、中国の後塵を拝したが、今回の世界選手権は2強に一矢報いる千載一遇のチャンスだ。両国ともナショナルチームの再編途中だからだ。

 ロシアは、デュエット、チームを含め五輪で通算5個の金メダルを獲得したシンクロ界の絶対女王ナターリア・イシェンコ(31)が5日に引退を表明。20年東京五輪に向けて代表チームの若返りを進めており、リオ五輪のメンバーから一新するとみられている。今季は国際大会に出場していないため、実力は未知数。手足がすらりと長く、抜群のプロポーションの持ち主が揃うだけに決して侮れないものの、世界選手権には新チームの演技が未完成のままぶっつけ本番で登場する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る