好発進シンクロ日本 世界選手権はロシア打倒の大チャンス

公開日:  更新日:

 新生シンクロ日本代表が順調な滑り出しだ。

 海外勢も出場した30日のジャパン・オープン最終日は、チームのフリールーティン(FR)を行い、日本は93.2000点をマーク。28日のテクニカルルーティン(TR=91.5684点)と合わせて184.7684点で優勝した。同種目の大会4連覇を達成し、国際大会では3月のフレンチ・オープンに次いで2連勝。昨夏のリオ五輪金のロシア、銀の中国の2強が不在とはいえ、7月の世界選手権(ブダペスト)に向けて好スタートである。

■“絶対女王”が引退

 リオではロシア、中国の後塵を拝したが、今回の世界選手権は2強に一矢報いる千載一遇のチャンスだ。両国ともナショナルチームの再編途中だからだ。

 ロシアは、デュエット、チームを含め五輪で通算5個の金メダルを獲得したシンクロ界の絶対女王ナターリア・イシェンコ(31)が5日に引退を表明。20年東京五輪に向けて代表チームの若返りを進めており、リオ五輪のメンバーから一新するとみられている。今季は国際大会に出場していないため、実力は未知数。手足がすらりと長く、抜群のプロポーションの持ち主が揃うだけに決して侮れないものの、世界選手権には新チームの演技が未完成のままぶっつけ本番で登場する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る