• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好発進シンクロ日本 世界選手権はロシア打倒の大チャンス

 新生シンクロ日本代表が順調な滑り出しだ。

 海外勢も出場した30日のジャパン・オープン最終日は、チームのフリールーティン(FR)を行い、日本は93.2000点をマーク。28日のテクニカルルーティン(TR=91.5684点)と合わせて184.7684点で優勝した。同種目の大会4連覇を達成し、国際大会では3月のフレンチ・オープンに次いで2連勝。昨夏のリオ五輪金のロシア、銀の中国の2強が不在とはいえ、7月の世界選手権(ブダペスト)に向けて好スタートである。

■“絶対女王”が引退

 リオではロシア、中国の後塵を拝したが、今回の世界選手権は2強に一矢報いる千載一遇のチャンスだ。両国ともナショナルチームの再編途中だからだ。

 ロシアは、デュエット、チームを含め五輪で通算5個の金メダルを獲得したシンクロ界の絶対女王ナターリア・イシェンコ(31)が5日に引退を表明。20年東京五輪に向けて代表チームの若返りを進めており、リオ五輪のメンバーから一新するとみられている。今季は国際大会に出場していないため、実力は未知数。手足がすらりと長く、抜群のプロポーションの持ち主が揃うだけに決して侮れないものの、世界選手権には新チームの演技が未完成のままぶっつけ本番で登場する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る