リオ五輪から1年…瀬戸大也が200mバタフライで“雪辱の銅”

公開日: 更新日:

 競泳男子のエースのひとりが、まずは1個目のメダルを手にした。

 水泳の世界選手権は26日、男子200メートルバタフライ決勝を行い、瀬戸大也(23)が1分54秒21で銅メダルを獲得。同種目ではこの大会初の表彰台に上がった。

 昨夏のリオ五輪銀メダルの坂井聖人(22)は1分55秒04で6位に終わった。

 瀬戸は「落ち過ぎてスローペースになってしまった」と振り返った通り、前半は優勝したチャド・レクロー(25=南アフリカ)に後れを取った。それでも持ち味である力強いフォームは崩れることなく、最後の50メートルで追い上げて3位でフィニッシュした。

 レース後の瀬戸は「前半をもう少し速く入りたかった。もうちょっと攻めれば良かったかな。結果は3位でも、しっかりメダルを取れたのは良かった」と笑顔を見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る