シャラポワ全米OP出場に“黄信号” 左腕故障で前哨戦欠場

公開日:

 元女王がまたケガに泣いた。

 女子テニスのマリア・シャラポワ(30=ロシア)が3日、左腕故障のため、4大大会今季最終戦の全米オープン(28日開幕)前哨戦で主催者推薦出場が決まっていた7日からのロジャーズ・カップ(カナダ・トロント)欠場を発表。シャラポワは2日のバンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシックの2回戦で左腕に痛みを訴えて棄権していた。

 シャラポワは「今回は残念なことになったが、大好きな試合に一日でも早く復帰できるように、しっかりと調整したい」と主催者を通じて談話を発表したが、これで全米オープン出場にも黄信号がともった。

 仮に全米オープンまでに故障が回復しても、同大会はワイルドカードを申請せずに予選から出場するため、ハードな日程を強いられる。

 今年4月にドーピング違反から1年3カ月ぶりの復帰を果たしたが、5月のイタリア国際では左太ももを痛めて2回戦で途中棄権した。

 30歳を過ぎてから相次ぐ故障に悩まされているだけに、3年ぶりの全米では苦戦を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る