シャラポワ全米OP出場に“黄信号” 左腕故障で前哨戦欠場

公開日: 更新日:

 元女王がまたケガに泣いた。

 女子テニスマリア・シャラポワ(30=ロシア)が3日、左腕故障のため、4大大会今季最終戦の全米オープン(28日開幕)前哨戦で主催者推薦出場が決まっていた7日からのロジャーズ・カップ(カナダ・トロント)欠場を発表。シャラポワは2日のバンク・オブ・ザ・ウエスト・クラシックの2回戦で左腕に痛みを訴えて棄権していた。

 シャラポワは「今回は残念なことになったが、大好きな試合に一日でも早く復帰できるように、しっかりと調整したい」と主催者を通じて談話を発表したが、これで全米オープン出場にも黄信号がともった。

 仮に全米オープンまでに故障が回復しても、同大会はワイルドカードを申請せずに予選から出場するため、ハードな日程を強いられる。

 今年4月にドーピング違反から1年3カ月ぶりの復帰を果たしたが、5月のイタリア国際では左太ももを痛めて2回戦で途中棄権した。

 30歳を過ぎてから相次ぐ故障に悩まされているだけに、3年ぶりの全米では苦戦を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る