• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

処分15カ月に短縮も…シャラポワに囁かれる“実業家”転身

 テニスの元女王の処分が軽減された。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は4日、ドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から科された2年間の出場停止処分に異議を申し立てたマリア・シャラポワ(29=ロシア)の処分期間を9カ月短縮して15カ月とする裁定を下した。処分は来年4月26日に解けて5月の全仏オープンでの復帰が可能となる。

 シャラポワは1月の全豪オープンでドーピング検査を受けた際、禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示し、ITFから処分を科された。3月の会見で薬物の使用は医療目的で、競技力向上のためではないと主張。処分の軽減を求めていた。

 この日、シャラポワは声明を発表。「来年4月に復帰できると聞いて最高に幸せな日になった。テニスは私の情熱であり、コートに戻れるまで毎日数えている」と復帰に意欲を見せたが、再び、トップの座に上り詰めるには険しい道のりが待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る