処分15カ月に短縮も…シャラポワに囁かれる“実業家”転身

公開日: 更新日:

 テニスの元女王の処分が軽減された。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は4日、ドーピング違反で国際テニス連盟(ITF)から科された2年間の出場停止処分に異議を申し立てたマリア・シャラポワ(29=ロシア)の処分期間を9カ月短縮して15カ月とする裁定を下した。処分は来年4月26日に解けて5月の全仏オープンでの復帰が可能となる。

 シャラポワは1月の全豪オープンでドーピング検査を受けた際、禁止薬物のメルドニウムに陽性反応を示し、ITFから処分を科された。3月の会見で薬物の使用は医療目的で、競技力向上のためではないと主張。処分の軽減を求めていた。

 この日、シャラポワは声明を発表。「来年4月に復帰できると聞いて最高に幸せな日になった。テニスは私の情熱であり、コートに戻れるまで毎日数えている」と復帰に意欲を見せたが、再び、トップの座に上り詰めるには険しい道のりが待っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る