• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季初戦で対戦…錦織圭とディミトロフの“明と暗”

 右手首の故障で今季の残り試合を欠場することになった錦織圭(27)の最新世界ランク(21日付)が10位となった。2桁ランクは2014年8月25日付の11位以来のことだ。

 一方、先週のウエスタン&サザンオープンでマスターズ初優勝を飾ったグリゴール・ディミトロフ(26=ブルガリア)は、前回の11位から9位に浮上。くしくもディミトロフのベスト10入りは2014年8月に自己最高の8位を記録して以来、3年ぶりだ。

 ディミトロフは15年から不振に陥り、16年はランクが40位まで落ちた。錦織は全米オープンに準優勝した14年は同5位でアジア出身の男子では初となるツアー・ファイナル出場も決め、以後はツアーの顔となる。

 実はこの2人、今季初戦のブリスベン国際決勝で対戦している。当時の世界ランクは錦織が5位でディミトロフは17位。格下のディミトロフは錦織を2―1で退け、3年ぶりのツアー優勝を果たした。このとき錦織は、第3セットの前にメディカルタイムアウトを取って左臀部の治療を受けて周囲を心配させたが、その後も右手首や左脇腹痛などに苦しみ、6年ぶりに優勝がないまま今季を終えることになった。

 フェデラーやナダルが不在だった昨季に激戦を繰り広げたマリーやジョコビッチにワウリンカは疲弊。そして錦織も故障でツアーを離れた。14年8月から世界ランクを駆け上がっていった者と落ちていった者。対照的な2人は今年1月のブリスベン国際が大きな転機になったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る