今季初戦で対戦…錦織圭とディミトロフの“明と暗”

公開日:  更新日:

 右手首の故障で今季の残り試合を欠場することになった錦織圭(27)の最新世界ランク(21日付)が10位となった。2桁ランクは2014年8月25日付の11位以来のことだ。

 一方、先週のウエスタン&サザンオープンでマスターズ初優勝を飾ったグリゴール・ディミトロフ(26=ブルガリア)は、前回の11位から9位に浮上。くしくもディミトロフのベスト10入りは2014年8月に自己最高の8位を記録して以来、3年ぶりだ。

 ディミトロフは15年から不振に陥り、16年はランクが40位まで落ちた。錦織は全米オープンに準優勝した14年は同5位でアジア出身の男子では初となるツアー・ファイナル出場も決め、以後はツアーの顔となる。

 実はこの2人、今季初戦のブリスベン国際決勝で対戦している。当時の世界ランクは錦織が5位でディミトロフは17位。格下のディミトロフは錦織を2―1で退け、3年ぶりのツアー優勝を果たした。このとき錦織は、第3セットの前にメディカルタイムアウトを取って左臀部の治療を受けて周囲を心配させたが、その後も右手首や左脇腹痛などに苦しみ、6年ぶりに優勝がないまま今季を終えることになった。

 フェデラーやナダルが不在だった昨季に激戦を繰り広げたマリーやジョコビッチにワウリンカは疲弊。そして錦織も故障でツアーを離れた。14年8月から世界ランクを駆け上がっていった者と落ちていった者。対照的な2人は今年1月のブリスベン国際が大きな転機になったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る