• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右手首腱断裂で今季残り欠場 錦織は休養をどう使うべきか

「残りシーズンを全休するということは右手首はもちろん、心身ともにかなり疲弊していると思いますね」

 こう言うのはスポーツライターの武田薫氏。

 16日、男子テニス世界ランキング9位の錦織圭(27)が、右手首の故障により今季の残り試合をすべて欠場すると発表したことを受けてだ。

 錦織は米オハイオ州シンシナティで開催中のツアーに出場予定だったが、サーブの練習中に右手首を痛め、13日に欠場を発表。MRI検査の結果、右手首の腱の一部に断裂が見つかった。手術は受けず、来季に備えて回復に努めるという。

 以前から不安を抱えていた右手首は、3月下旬のマイアミ・オープンで悪化。5月のマドリード・オープンで再発し、準々決勝を棄権していた。

■リオ五輪銅メダルの反動

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事