• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

07年世陸女子マラソン 嶋原清子氏に聞いた夏のレース対策

ミストゾーンを通過する土佐礼子(8)と嶋原(21)/(C)共同通信社

 2007年世界陸上(世陸)大阪大会の男子マラソンは、大会初日(8月25日)の7時にスタート。気温30度、湿度70%超の高温多湿の中、85選手中、28人が途中棄権。2時間15分59秒の優勝タイムは大会史上最も遅いものだった。女子は最終日(9月2日)に行われ嶋原清子氏(40=現セカ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事