選手の体が一番大事 コース変更はひとつの考えでしょう

公開日:
07年世陸女子マラソンは団体で銅メダル(左から3位の土佐礼子、6位の嶋原、23位の橋本康子=記録は14位の小崎まりまでの3人)/(C)共同通信社

嶋原清子(07年大阪世界陸上・女子マラソン出場)

 2007年世界陸上(世陸)女子マラソンで優勝したヌデレバから遅れること約1分。2時間31分40秒の時計で6位入賞の嶋原清子氏は、どのレースも本番前はできる限りの準備をして臨んだという。20年の東京五輪の代表入りや本番でメダルを狙う選手たちにアドバイスを送る。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る