海外では力不足の池田が楽々V 日本大会の“ぬるま湯”体質

公開日:  更新日:

【ライザップKBCオーガスタ】

 優勝争いは首位タイ発進の池田勇太(31)と上井邦裕(34)の2人に絞られ、ともに4つスコアを伸ばして13番を終わって通算17アンダーで並走していた。

 ところが実測315ヤードとワンオン可能な14番パー4で上井がグリーン手前のラフからのアプローチに失敗して3パットボギー。1打差のまま18番を迎えると、また上井がティーショットを右に曲げてラフにつかまり極端な左足上がりのライ。

「そこでもう勝っちゃったと思っちゃったね」(池田)と敵失からもう笑いが止まらず、表情が緩みっぱなしだった。

 ノンプレッシャーから上がりホールでようやく池田がバーディーを決めて本大会2年ぶり3度目の優勝を果たした。とはいえ、2人がサンデーバックナインで奪ったバーディー数はたった3つだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る