石川遼の弟が主催者推薦出場 外野からは“やっかみ”の声

公開日:

【ライザップKBCオーガスタ 初日】

 米下部ツアーとの入れ替え戦に出場する石川遼(25)の弟でアマチュアの航(17)が2年連続で出場している。

 進学校の県立浦和高校3年生で卒業後にはプロを目指すという。

 イン発進の初日は前半40と崩れたが、折り返しての5番パー4でチップインイーグルを決めて35と盛り返し3オーバー97位タイ。昨年大会初日は10オーバー138位の最下位発進だっただけに少しは成長している。

「前半は浮足立って自分のプレーができず悔しかった。後半はラッキーなイーグルもあって自分のプレーができた」

 だが、外野がかまびすしい。「遼のスポンサーがライザップだから出場できた」「予選通過できる実力もないのに出場させるのはおかしい」「アマチュアで出場させるなら他に有力選手がいる」と異様に騒いでいる。もちろん主催者推薦であり、大会出場には何の瑕疵もない。ゴルフファンでも顔と名前が一致しないシード選手はゾロゾロいる。そんな無名プロより、石川遼の弟のほうがよっぽど注目されて大会に役立つと推薦したわけだ。

 アマより低く見られている現状を、プロはもっと自覚すべきなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る