代表1枠めぐり 皆川夏穂42年ぶり快挙の裏に“骨肉の争い”

公開日:  更新日:

 新体操の世界選手権(イタリア・ペーザロ)は31日(日本時間1日)、個人予選の後半2種目(クラブ、リボン)を行い、皆川夏穂(20)はクラブで15.750点、リボンで15.300点。種目別決勝進出はならなかったが、4種目合計65.050点の9位で上位24人による個人総合決勝に進んだ。

 前日のフープで銅メダルを獲得し、個人では42年ぶりの表彰台に立った皆川。個人総合決勝に向け「(各演技の)1分半を絶対にやり切るという強い気持ちを、最後までなくさないことが大事」と気を引き締めるように話した。

 中学卒業後の2013年から日本体操協会の強化策で強豪・ロシアに留学。ロシア人コーチからも才能を高く評価され、レベルの高い地元選手と切磋琢磨して素質が開花した。リオ五輪予選を兼ねた前回15年のシュツットガルト大会では15位に入り、3大会ぶりに五輪の個人総合の出場枠を獲得した。当初は日本人最上位の選手にリオの出場権が与えられるはずだったが、なぜか代表内定を見送られた。日本体操協会が同じロシアに留学する早川さくら(20)を推しているからだと、まことしやかにささやかれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る