メダル激減 シンクロ井村ヘッド「大型補強」に言及の苦渋

公開日:

「選手を大型化しないと通用しない」

 世界水泳のメダルがチームTRの銅だけに終わったシンクロの井村雅代ヘッド(66)は、26日の帰国会見で改めてこう言った。

 井村ヘッドはリオ五輪直後から「大型化」への転換を求めていたが実現せず、今大会で前回の銅4個からメダル数が激減。3位争いを演じたウクライナとの差も痛感し、長身選手を起用する方針を固めた。

 今のシンクロ界は、ロシア、中国の2強は不動。170センチを超える選手をズラリと揃えたダイナミックな演技だけでなく、斬新なプログラムでも審判の心をつかんでいる。ロシアはバレエの本場で表現力はダントツだ。

 今回の日本代表11人のうち、170センチ以上はエースの乾ら3人だけ。代表漏れした選手の中には170センチ以上の選手も複数いるそうだが、身長が同じでも、やっぱり大陸の選手と日本人ではカラダが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る