メダル激減 シンクロ井村ヘッド「大型補強」に言及の苦渋

公開日: 更新日:

「選手を大型化しないと通用しない」

 世界水泳のメダルがチームTRの銅だけに終わったシンクロの井村雅代ヘッド(66)は、26日の帰国会見で改めてこう言った。

 井村ヘッドはリオ五輪直後から「大型化」への転換を求めていたが実現せず、今大会で前回の銅4個からメダル数が激減。3位争いを演じたウクライナとの差も痛感し、長身選手を起用する方針を固めた。

 今のシンクロ界は、ロシア、中国の2強は不動。170センチを超える選手をズラリと揃えたダイナミックな演技だけでなく、斬新なプログラムでも審判の心をつかんでいる。ロシアはバレエの本場で表現力はダントツだ。

 今回の日本代表11人のうち、170センチ以上はエースの乾ら3人だけ。代表漏れした選手の中には170センチ以上の選手も複数いるそうだが、身長が同じでも、やっぱり大陸の選手と日本人ではカラダが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る