メダル激減 シンクロ井村ヘッド「大型補強」に言及の苦渋

公開日: 更新日:

「選手を大型化しないと通用しない」

 世界水泳のメダルがチームTRの銅だけに終わったシンクロの井村雅代ヘッド(66)は、26日の帰国会見で改めてこう言った。

 井村ヘッドはリオ五輪直後から「大型化」への転換を求めていたが実現せず、今大会で前回の銅4個からメダル数が激減。3位争いを演じたウクライナとの差も痛感し、長身選手を起用する方針を固めた。

 今のシンクロ界は、ロシア、中国の2強は不動。170センチを超える選手をズラリと揃えたダイナミックな演技だけでなく、斬新なプログラムでも審判の心をつかんでいる。ロシアはバレエの本場で表現力はダントツだ。

 今回の日本代表11人のうち、170センチ以上はエースの乾ら3人だけ。代表漏れした選手の中には170センチ以上の選手も複数いるそうだが、身長が同じでも、やっぱり大陸の選手と日本人ではカラダが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る