メダル激減 シンクロ井村ヘッド「大型補強」に言及の苦渋

公開日:

「選手を大型化しないと通用しない」

 世界水泳のメダルがチームTRの銅だけに終わったシンクロの井村雅代ヘッド(66)は、26日の帰国会見で改めてこう言った。

 井村ヘッドはリオ五輪直後から「大型化」への転換を求めていたが実現せず、今大会で前回の銅4個からメダル数が激減。3位争いを演じたウクライナとの差も痛感し、長身選手を起用する方針を固めた。

 今のシンクロ界は、ロシア、中国の2強は不動。170センチを超える選手をズラリと揃えたダイナミックな演技だけでなく、斬新なプログラムでも審判の心をつかんでいる。ロシアはバレエの本場で表現力はダントツだ。

 今回の日本代表11人のうち、170センチ以上はエースの乾ら3人だけ。代表漏れした選手の中には170センチ以上の選手も複数いるそうだが、身長が同じでも、やっぱり大陸の選手と日本人ではカラダが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る