• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナダル貫禄の全米OP4強入り ロシアの新鋭ルブレフを一蹴

 世界ランキング1位のベテランが貫録を示した。

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は6日(日本時間7日)、男子シングルス準々決勝を行い、第1シードのラファエル・ナダル(31=スペイン)が、同53位のアンドレイ・ルブレフ(19=ロシア)にセットカウント3―0でストレート勝ち。

 4年ぶり6度目の4強進出を果たした。

 ナダルは安定したプレーを見せ、史上最年少でベスト8入りした新鋭ルブレフを終始圧倒。ダブルフォルトなどのミスを連発するルブレフを尻目に危なげなくポイントを積み重ね、わずか1時間37分で退けた。

 ナダルは2戦連続のストレート勝ちで、4年ぶり3度目の優勝に向けて調子を上げてきた。

 女子は第20シードのココ・バンダウェイ(25=米国)が第1シードのカロリナ・プリスコバ(25=チェコ)を7―6、6―3で破る大金星を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る