ナダル貫禄の全米OP4強入り ロシアの新鋭ルブレフを一蹴

公開日:  更新日:

 世界ランキング1位のベテランが貫録を示した。

 テニスの全米オープン(ニューヨーク)は6日(日本時間7日)、男子シングルス準々決勝を行い、第1シードのラファエル・ナダル(31=スペイン)が、同53位のアンドレイ・ルブレフ(19=ロシア)にセットカウント3―0でストレート勝ち。

 4年ぶり6度目の4強進出を果たした。

 ナダルは安定したプレーを見せ、史上最年少でベスト8入りした新鋭ルブレフを終始圧倒。ダブルフォルトなどのミスを連発するルブレフを尻目に危なげなくポイントを積み重ね、わずか1時間37分で退けた。

 ナダルは2戦連続のストレート勝ちで、4年ぶり3度目の優勝に向けて調子を上げてきた。

 女子は第20シードのココ・バンダウェイ(25=米国)が第1シードのカロリナ・プリスコバ(25=チェコ)を7―6、6―3で破る大金星を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る