• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

IOCが野球に見切り 28年ロス五輪で狙うはアメフトマネー

 五輪史上初めて開催地の2大会同時選出が決まった。

 IOC(国際オリンピック委員会)は13日(日本時間14日)、ペルー・リマで総会を開き、2024年はパリ、28年は米ロサンゼルスでの開催を正式に決めた。24年大会の開催地を巡っては財政難を理由に立候補断念や撤退が相次ぎ、残ったパリとロスが24年と28年の開催を分け合った。

 1932年、84年に次いで3度目のロス開催が決まったことで、28年大会はアメリカンフットボールが追加種目として採用される公算が高まった。

 かねて米国は国を挙げてアメフトの五輪競技への採用に積極的。開催国に種目の選択をゆだねるIOCも米国の4大プロスポーツで最も人気のあるアメフトの実施に好意的だという。

 IOCのバッハ会長が総会閉幕の翌日(16日)に渡米し、ロスを訪問するのも、最大の収益源である米国への配慮からだろう。ロスではガーセッティ市長らとともに32、84年大会の主会場であるメモリアル・コロシアムを視察し、17日には同スタジアムで行われるNFLラムズ戦も観戦するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る