稲葉監督の言葉通り 侍Jコーチ陣は人脈不足と無策の人選

公開日:

 2020年東京五輪で金メダルを目指す野球日本代表、「侍ジャパン」のコーチ陣が昨11日、発表された。

 稲葉篤紀監督(45)の右腕となる参謀役のヘッドコーチには、日本ハム金子誠打撃コーチ(41)が就任。投手コーチには日本ハムOBの建山義紀氏(41)、バッテリー担当に巨人の村田善則バッテリーコーチ(43)、内野守備走塁担当に同じく巨人の井端弘和内野守備走塁コーチ(42)、外野守備走塁担当にロッテの清水雅治外野守備走塁コーチ(53)の就任が決まった。打撃コーチに関しては、後日発表されることになった。

 稲葉監督は「“仲良しチーム”と言われるかもしれませんが、言いたいことを言える関係。いろんな意見を出しながら、強いチームにしていきます」と話したが、全くその通りの人選だ。

 球界OBが苦笑いを浮かべてこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る