• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Bリーグは人気なれど…男子バスケ代表強化は先行き不透明

 創設2年目を迎える男子バスケットボールのBリーグ。昨11日は初代王者の栃木など全18チームの主将が、29日の開幕に向けて会見した。

 1年目の昨季は観客動員数226万2409人(B2含む)を記録。会場の収容人数に差はあるものの、244試合で満員を記録するなど、まずまずの船出を見せた。Bリーグは全試合のネット中継を5000円で視聴できるプランを投入するなどさらなる人気、市場拡大を図っている。

 大河正明チェアマンは「代表が強くならないといけない」と男子日本代表の強化も人気定着の課題の一つに挙げたが、先行きは不透明だ。

 今年11月には2020年東京五輪出場権(開催国枠は18年国際バスケットボール連盟理事会で検討)がかかる19年W杯アジア地区予選(東京ほか)が行われる。4チーム中、上位3チームが2次予選に出場するが、同組は豪州(世界ランク10位)、フィリピン(同27位)、台湾(同48位)と格上ばかり。

 48位の日本と同位の台湾は、国籍取得したNBA選手が代表入りするなど強化を図っている。ここでW杯出場権を逃すようなら、人気に水を差すことになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る