プレーに精彩欠き…松山はPO第3戦も56位Tと出遅れ発進

公開日:  更新日:

【BMW選手権 初日】

 プレーオフに入ってから初戦予選落ち、2戦目23位と波に乗れずランク4位に後退した松山英樹(25)。アウト発進の初日は3番パー4で3メートルのパーパットを外してボギーが先行。6番パー3は1打目をグリーン左に外すと、アプローチは5メートルと寄らず、パーパットも決まらず2つ目のボギー。

 8番パー5で2オンに成功してようやく初バーディーを奪った。1オーバーで折り返した後半は、14番パー5で2メートルのバーディーチャンスを迎えたがカップにけられてパー。

 続く15番(334ヤード)はワンオン可能なパー4。ドライバーでガードバンカーに運ぶも、砂の下が硬くイメージ通りに寄せられずイライラ爆発。すると4メートルから3パットボギー。上がり18番パー5で2つ目のバーディーを決めて1オーバーに戻し56位タイ発進だった。ポイントランク上位30選手だけのプレーオフ最終戦、ツアー選手権には出場できるが、ショット、パットとも精彩を欠き課題の残るラウンドだった。

 初日首位は9アンダーのM・リーシュマン(33・豪)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る