• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プレーに精彩欠き…松山はPO第3戦も56位Tと出遅れ発進

【BMW選手権 初日】

 プレーオフに入ってから初戦予選落ち、2戦目23位と波に乗れずランク4位に後退した松山英樹(25)。アウト発進の初日は3番パー4で3メートルのパーパットを外してボギーが先行。6番パー3は1打目をグリーン左に外すと、アプローチは5メートルと寄らず、パーパットも決まらず2つ目のボギー。

 8番パー5で2オンに成功してようやく初バーディーを奪った。1オーバーで折り返した後半は、14番パー5で2メートルのバーディーチャンスを迎えたがカップにけられてパー。

 続く15番(334ヤード)はワンオン可能なパー4。ドライバーでガードバンカーに運ぶも、砂の下が硬くイメージ通りに寄せられずイライラ爆発。すると4メートルから3パットボギー。上がり18番パー5で2つ目のバーディーを決めて1オーバーに戻し56位タイ発進だった。ポイントランク上位30選手だけのプレーオフ最終戦、ツアー選手権には出場できるが、ショット、パットとも精彩を欠き課題の残るラウンドだった。

 初日首位は9アンダーのM・リーシュマン(33・豪)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る