• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大御所AOが一番知っている 男子ツアー低迷の根本原因

【ANAオープン 2日目】

 海の向こうの米ツアーではプレーオフ第3戦が行われており、全4戦が終わってポイントランク王者になると1000万ドル(約11億円)のボーナスが出る。

 かたや日本ツアーは池田勇太(31)が勝てば、最年少で史上12人目の生涯獲得賞金10億円突破が話題になっている。彼我のスケールの違いをよく物語っている。

 金額だけではない。試合内容そのものが問題なのだ。

 尾崎将司は昔、田中秀道を食事に誘い、「日本人というのは、小さい者が大きい者を倒すのが大好きなんだ」と説教している。

 また青木功は自著「勝負論」(新潮新書)の中で、「超一流選手は勝った翌週の試合での予選通過は当たり前で、むしろ続けて優勝を争う実力を持っており、要は調子の善しあしに関係なく、コンスタントに上位で争える体力や技術、精神力を備えている」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る