大御所AOが一番知っている 男子ツアー低迷の根本原因

公開日:  更新日:

【ANAオープン 2日目】

 海の向こうの米ツアーではプレーオフ第3戦が行われており、全4戦が終わってポイントランク王者になると1000万ドル(約11億円)のボーナスが出る。

 かたや日本ツアーは池田勇太(31)が勝てば、最年少で史上12人目の生涯獲得賞金10億円突破が話題になっている。彼我のスケールの違いをよく物語っている。

 金額だけではない。試合内容そのものが問題なのだ。

 尾崎将司は昔、田中秀道を食事に誘い、「日本人というのは、小さい者が大きい者を倒すのが大好きなんだ」と説教している。

 また青木功は自著「勝負論」(新潮新書)の中で、「超一流選手は勝った翌週の試合での予選通過は当たり前で、むしろ続けて優勝を争う実力を持っており、要は調子の善しあしに関係なく、コンスタントに上位で争える体力や技術、精神力を備えている」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る