若手女子プロ“いい加減ゴルフ”で外国勢4連覇は阻めるか

公開日:  更新日:

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 今大会は14年から、申ジエ、キム・ハヌル、テレサ・ルーと外国選手の優勝が続いている。初日7アンダーで首位に立ったのは、昨年、テレサにプレーオフで負けた全美貞(34)だ。6アンダーの2位タイには、岡山絵里(21)と比嘉真美子(23)の2人が並んだ。比嘉は8月のNEC軽井沢で4年ぶりの3勝目を挙げたが、プロ3年目の岡山も今季はたびたび上位に顔を出し、27試合でベスト10入りが6試合ある。

「ドライバーには不安要素が少しあるが、何とかごまかしている。このスコアが出たのはアイアンがいいからです。7番アイアン以下で打てるところでバーディーが取れた。調子は悪くないです。ウッド系がうまくいってなくて、迷いながらやっている感じです」

 初日のプレーをこう振り返った岡山は7月下旬の大会でイ・ボミの専属キャディー(清水重憲氏)と2度目のコンビを組んだ。そこで数々の助言をもらうと同時に、ピンポジションを考えずにティーショットを打って注意されたことがあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る