• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若手女子プロ“いい加減ゴルフ”で外国勢4連覇は阻めるか

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 今大会は14年から、申ジエ、キム・ハヌル、テレサ・ルーと外国選手の優勝が続いている。初日7アンダーで首位に立ったのは、昨年、テレサにプレーオフで負けた全美貞(34)だ。6アンダーの2位タイには、岡山絵里(21)と比嘉真美子(23)の2人が並んだ。比嘉は8月のNEC軽井沢で4年ぶりの3勝目を挙げたが、プロ3年目の岡山も今季はたびたび上位に顔を出し、27試合でベスト10入りが6試合ある。

「ドライバーには不安要素が少しあるが、何とかごまかしている。このスコアが出たのはアイアンがいいからです。7番アイアン以下で打てるところでバーディーが取れた。調子は悪くないです。ウッド系がうまくいってなくて、迷いながらやっている感じです」

 初日のプレーをこう振り返った岡山は7月下旬の大会でイ・ボミの専属キャディー(清水重憲氏)と2度目のコンビを組んだ。そこで数々の助言をもらうと同時に、ピンポジションを考えずにティーショットを打って注意されたことがあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る