体操世界選手権 白井健三が初挑戦の個人総合で銅メダル

公開日:

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)は5日(日本時間6日)、男子個人総合決勝を行い、白井健三(21)が6種目合計86.431点で3位。初めて出場した個人総合で銅メダルを獲得した。

 予選を85.697点の4位で通過した白井。この日は得意のゆかから競技を開始し、出場24人中、唯一の15点台(15.733点)をマーク。初の個人総合の舞台で好スタートを切ったが3種目目のつり輪でミスが目立ち、13.666点と予選(13.766点)よりもスコアを落としたことが響き、6位で前半を折り返す。

 後半は、昨夏のリオ五輪個人総合決勝で内村航平と接戦を演じたオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)、予選1位のマンリケ・ラルドゥエト(キューバ)らがミスを繰り返すのを尻目に安定した演技を披露。跳馬で全体1位の15.000点をたたき出すと、予選で落下のミスがあった最後の鉄棒もまとめて3位に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る