「観戦したい」は7.8%…19年ラグビーW杯は閑古鳥が鳴く

公開日:

 19年に日本で開催するラグビーW杯への関心の低さが明らかになった。

 31日、日本大会組織委員会は今夏に行った調査で大会の認知度が全国平均51%だったと発表。半数近くが自国開催の大会を知らないことになる。

 調査は7月下旬から8月上旬まで全国の20~69歳を対象にインターネットで実施。約31万5000件の回答を得た。「観戦したい」としたのは全国平均でわずか7.8%にとどまったという。

 組織委の嶋津昭事務総長は「イベントの実施など、さまざまな活動で認知度向上に努めたい」としているが、集客が見込めないようでは、アジア初開催となる日本大会は大失敗になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る