「観戦したい」は7.8%…19年ラグビーW杯は閑古鳥が鳴く

公開日: 更新日:

 19年に日本で開催するラグビーW杯への関心の低さが明らかになった。

 31日、日本大会組織委員会は今夏に行った調査で大会の認知度が全国平均51%だったと発表。半数近くが自国開催の大会を知らないことになる。

 調査は7月下旬から8月上旬まで全国の20~69歳を対象にインターネットで実施。約31万5000件の回答を得た。「観戦したい」としたのは全国平均でわずか7.8%にとどまったという。

 組織委の嶋津昭事務総長は「イベントの実施など、さまざまな活動で認知度向上に努めたい」としているが、集客が見込めないようでは、アジア初開催となる日本大会は大失敗になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る