「観戦したい」は7.8%…19年ラグビーW杯は閑古鳥が鳴く

公開日: 更新日:

 19年に日本で開催するラグビーW杯への関心の低さが明らかになった。

 31日、日本大会組織委員会は今夏に行った調査で大会の認知度が全国平均51%だったと発表。半数近くが自国開催の大会を知らないことになる。

 調査は7月下旬から8月上旬まで全国の20~69歳を対象にインターネットで実施。約31万5000件の回答を得た。「観戦したい」としたのは全国平均でわずか7.8%にとどまったという。

 組織委の嶋津昭事務総長は「イベントの実施など、さまざまな活動で認知度向上に努めたい」としているが、集客が見込めないようでは、アジア初開催となる日本大会は大失敗になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る