「観戦したい」は7.8%…19年ラグビーW杯は閑古鳥が鳴く

公開日: 更新日:

 19年に日本で開催するラグビーW杯への関心の低さが明らかになった。

 31日、日本大会組織委員会は今夏に行った調査で大会の認知度が全国平均51%だったと発表。半数近くが自国開催の大会を知らないことになる。

 調査は7月下旬から8月上旬まで全国の20~69歳を対象にインターネットで実施。約31万5000件の回答を得た。「観戦したい」としたのは全国平均でわずか7.8%にとどまったという。

 組織委の嶋津昭事務総長は「イベントの実施など、さまざまな活動で認知度向上に努めたい」としているが、集客が見込めないようでは、アジア初開催となる日本大会は大失敗になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る