金星配給もカヤの外…日馬富士に救われた稀勢の里の幸運

公開日:  更新日:

 最多タイ記録にリーチ――と言っても、本人は喜ばないだろうが……。

 もはや事件でもニュースでもなくなった横綱稀勢の里(31)の敗戦。19日も、また負けた。

 相手は6勝1敗と波に乗る平幕の逸ノ城。稀勢の里は立ち合いからの左差しを狙うも踏み込みが弱く、逸ノ城に右をしっかり固められると手も足も出ない。ぐいぐいと攻めてくる相手に力なく土俵を割った。支度部屋では報道陣の問い掛けに一切答えず、無言のまま会場を後にした。

 初日の玉鷲戦から数えて、今場所だけで4個目の金星配給。1場所の金星最多配給は、2001年の武蔵丸(現武蔵川親方)が記録した5個だ。稀勢の里はそんなワースト記録に、あと1つと迫ったのだ。

 こうなると当然、「横綱の責任」といった批判は避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る