稲葉Jの初陣敗戦危機救う “2世”上林に指揮官ゾッコン

公開日: 更新日:

 侍ジャパン・稲葉監督の初陣。アジアプロ野球チャンピオンシップの韓国戦(16日=東京ドーム)は、4―4で迎えた延長十回、「稲葉2世」こと上林誠知(22)が窮地の指揮官を救った。

 主導権を奪えない苦しい試合展開。タイブレーク(無死一、二塁でスタート)に突入した十回表、7番手で登板した又吉(中日)がつかまり3失点。その裏、先頭の4番・山川(西武)が倒れて敗戦ムードが漂う中、続く上林が右中間スタンドへ起死回生となる同点3ラン。一気に流れを引き戻すと、2死から西川(広島)がつなぎ、最後は田村(ロッテ)が4時間29分の激闘にケリをつけた。

「選手が見事。上林は安打でつないでくれればと思っていたが、まさか本塁打とはね」

 顔を紅潮させて勝利の美酒を味わった稲葉監督は、このヒーローについて大会前、「彼と心中する。走攻守3拍子が揃っていて、20年(東京五輪)に向けても考えている選手」と話していたほどゾッコンだ。仙台育英高から13年ドラフト4位でソフトバンクに入団。4年目の今季、自己最多の134試合出場で打率・260、13本塁打、51打点とブレーク。この日は、稲葉監督の現役時代と同じ右翼を守り、強肩も披露した。

 球場には3万2815人の観衆が詰めかけ、TBSが試合終了まで地上波で放送した大事な初陣で負けるようなら、ファンに格好がつかなかったはず。上林サマサマである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る