稲葉Jの初陣敗戦危機救う “2世”上林に指揮官ゾッコン

公開日:

 侍ジャパン・稲葉監督の初陣。アジアプロ野球チャンピオンシップの韓国戦(16日=東京ドーム)は、4―4で迎えた延長十回、「稲葉2世」こと上林誠知(22)が窮地の指揮官を救った。

 主導権を奪えない苦しい試合展開。タイブレーク(無死一、二塁でスタート)に突入した十回表、7番手で登板した又吉(中日)がつかまり3失点。その裏、先頭の4番・山川(西武)が倒れて敗戦ムードが漂う中、続く上林が右中間スタンドへ起死回生となる同点3ラン。一気に流れを引き戻すと、2死から西川(広島)がつなぎ、最後は田村(ロッテ)が4時間29分の激闘にケリをつけた。

「選手が見事。上林は安打でつないでくれればと思っていたが、まさか本塁打とはね」

 顔を紅潮させて勝利の美酒を味わった稲葉監督は、このヒーローについて大会前、「彼と心中する。走攻守3拍子が揃っていて、20年(東京五輪)に向けても考えている選手」と話していたほどゾッコンだ。仙台育英高から13年ドラフト4位でソフトバンクに入団。4年目の今季、自己最多の134試合出場で打率・260、13本塁打、51打点とブレーク。この日は、稲葉監督の現役時代と同じ右翼を守り、強肩も披露した。

 球場には3万2815人の観衆が詰めかけ、TBSが試合終了まで地上波で放送した大事な初陣で負けるようなら、ファンに格好がつかなかったはず。上林サマサマである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る