広がる松山との差…18番で魅せたケプカの“異次元ゴルフ”

公開日:  更新日:

【ダンロップフェニックス】

 初日から首位キープのブルックス・ケプカ(27)が、2位に9打差をつける通算20アンダーで楽々逃げ切り、史上5人目の大会連覇を果たした。

 今年の全米オープンで初メジャータイトルを手にしたケプカは、ただひとり4日間とも60台で回る圧巻ゴルフだった。

 最終18番パー5(560ヤード)では、ドライバーで300ヤード以上飛ばすと、残り220ヤードの2打目は4番アイアンでグリーン奥の傾斜を利用してピンそば50センチにつけるスーパーショットを放ち、イーグル締めだった。

 同組のX・シャウフェレ(24)も18番で長いイーグルパットを決めて2位タイに潜り込むと、テレビ解説の日本ゴルフツアー機構・青木功会長が「こういう魅せるゴルフをしなきゃ、お客さんも来ませんよ」とつい本音が飛び出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る