• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本職は警官 ジャンプ“弾丸娘”フォクトが大舞台に強いワケ

 驚異的な強さだ。

 ノルディックスキー世界選手権(フィンランド・ラハティ)の女子ジャンプで、個人と混合団体で銅メダルの高梨沙羅(20)は28日に帰国。「目標の試合にピークを持っていく力が足りないと、改めて感じました」と話した。この大会、個人戦で伊藤有希(22)が2大会連続2位となり、優勝はドイツのカリーナ・フォクト(25)だった。

 フォクトはW杯での優勝は15年の2大会だけ。個人総合は13-14年の2位がベスト。2月4日のヒンツェンバッハ大会の3位が2シーズンぶりの表彰台で、W杯では優勝争いの常連ではない。

 ところが、ビッグイベントになるとやたら強い。女子ジャンプがオリンピックの正式種目に採用された14年ソチ五輪で初の金メダルを手にすると、15年世界選手権(スウェーデン・ファールン)では、個人、混合団体の2冠。今回の世界選手権も逆転勝ちで連覇を達成。混合団体でも2大会連続優勝に貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る