瀬戸大也の美人妻 飛び込みの馬淵引退で囁かれる“妊娠説”

公開日:

「できたんじゃない」との声は少なくない。

 リオ五輪競泳400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(23)の美人妻で、2011年の飛び込み世界選手権代表の馬淵優佳(22)が28日、自身のツイッターで引退を発表した。

 そこには「皆さんにお伝えするのが遅くなりましたが、私は8月のユニバーシアードを最後に競技を引退することにしました」とあるが、当初から決めていた引退ならユニバーシアードが終わった直後に公にすればいいのに、12月が目前になっての発表とはどういうわけか。

 こういうケースで必ず浮上するのが妊娠説だ。来年の夏に2世が誕生すれば、20年東京五輪は2歳前後。父親の顏はもちろんのこと、何をやっているかもわかる。夫人は金メダルを目指す父の泳ぎを競泳会場で我が子と一緒に応援できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る