外堀埋められ意気消沈 貴乃花親方は理事解任へまっしぐら

公開日:

 30日に行われた相撲協会の理事会。焦点となったのが、日馬富士暴行事件で危機管理委員会による貴ノ岩への事情聴取を拒み続けている貴乃花親方(45)の反応だ。

 午後1時に始まった理事会が終了したのは4時半。通常なら20~30分、長くても1時間弱という理事会が長引いたことで議論紛糾、怒号が飛び交っているのでは、と思われた。

 しかし、当の貴乃花親方は、出席した理事らが拍子抜けするほど従順だったという。だからといって、事が貴乃花親方の思惑通りになったわけではない。むしろ逆だ。

 まず、巡業部長という立場にありながら、12月3日からの冬巡業には同行せず、代役は広報部長の春日野親方が務めることに。事業部長の尾車親方は、

「本件(日馬富士暴行事件)への対応、巡業の勧進元の方々や地元ファンのことも考慮した」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る