• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<5>イラク戦の後 ハリルさんに大目玉を食らった

 17年に行われた日本代表9試合で2ゴールを決めた久保裕也(ヘントFW)は、本田圭佑(パチューカFW)から定位置を奪取し、右FWに定着して代表主軸に君臨すると思われたが、3月のタイ戦(埼玉)以降は無得点。同じリオ五輪世代の浅野拓磨(シュツットガルトFW)に一歩リードを許した感も否めない。「調子のいい本田さんや拓磨と自分もベストな状態で勝負したい」とロシアW杯へのサバイバル戦に勝つために目の色を変えている久保の胸中に迫った。

 3月のUAE(アルアイン)、タイとの2連戦で2得点3アシストを記録した久保だが、6月のイラク戦(テヘラン)では、不慣れな左FWで起用されて不発。ハリルホジッチ監督から大目玉を食らったという。

「イラク戦前のシリア戦(東京)の後、監督に呼ばれて長めに説教されました。『プレーが全然ダメ。終わってる』みたいな話をされました(苦笑い)。3月の出来が良かった分、悪く見えたのか『もっとやれるんだから、やれ』と。結局はイラク戦も良さを出せなかったけど、言ってもらってるうちが花だと思う。自分を奮い立たせられたんで良かったです」と半年前のことを述懐してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る