元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<5>イラク戦の後 ハリルさんに大目玉を食らった

公開日:

 17年に行われた日本代表9試合で2ゴールを決めた久保裕也(ヘントFW)は、本田圭佑(パチューカFW)から定位置を奪取し、右FWに定着して代表主軸に君臨すると思われたが、3月のタイ戦(埼玉)以降は無得点。同じリオ五輪世代の浅野拓磨(シュツットガルトFW)に一歩リードを許した感も否めない。「調子のいい本田さんや拓磨と自分もベストな状態で勝負したい」とロシアW杯へのサバイバル戦に勝つために目の色を変えている久保の胸中に迫った。

 3月のUAE(アルアイン)、タイとの2連戦で2得点3アシストを記録した久保だが、6月のイラク戦(テヘラン)では、不慣れな左FWで起用されて不発。ハリルホジッチ監督から大目玉を食らったという。

「イラク戦前のシリア戦(東京)の後、監督に呼ばれて長めに説教されました。『プレーが全然ダメ。終わってる』みたいな話をされました(苦笑い)。3月の出来が良かった分、悪く見えたのか『もっとやれるんだから、やれ』と。結局はイラク戦も良さを出せなかったけど、言ってもらってるうちが花だと思う。自分を奮い立たせられたんで良かったです」と半年前のことを述懐してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る