元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<5>イラク戦の後 ハリルさんに大目玉を食らった

公開日:

 17年に行われた日本代表9試合で2ゴールを決めた久保裕也(ヘントFW)は、本田圭佑(パチューカFW)から定位置を奪取し、右FWに定着して代表主軸に君臨すると思われたが、3月のタイ戦(埼玉)以降は無得点。同じリオ五輪世代の浅野拓磨(シュツットガルトFW)に一歩リードを許した感も否めない。「調子のいい本田さんや拓磨と自分もベストな状態で勝負したい」とロシアW杯へのサバイバル戦に勝つために目の色を変えている久保の胸中に迫った。

 3月のUAE(アルアイン)、タイとの2連戦で2得点3アシストを記録した久保だが、6月のイラク戦(テヘラン)では、不慣れな左FWで起用されて不発。ハリルホジッチ監督から大目玉を食らったという。

「イラク戦前のシリア戦(東京)の後、監督に呼ばれて長めに説教されました。『プレーが全然ダメ。終わってる』みたいな話をされました(苦笑い)。3月の出来が良かった分、悪く見えたのか『もっとやれるんだから、やれ』と。結局はイラク戦も良さを出せなかったけど、言ってもらってるうちが花だと思う。自分を奮い立たせられたんで良かったです」と半年前のことを述懐してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る