元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<6>ロシアで戦うためには連係面の熟成が不可欠

公開日:

 ロシアW杯の抽選会の結果、日本代表は1次リーグH組に入ってコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。「W杯は一発勝負。どんなサッカーをやっても、どことやっても勝てる可能性はあると思う」と前向きに話していた日本代表FW久保裕也は、2016年1月のリオ五輪アジア最終予選(カタール)を制した自身の経験から「短期決戦を勝つために一番大事なのはコンディションです」と語気を強める。

 リオ五輪代表時代の久保は、海外組であるため国内合宿や強化試合にはほとんど参加できず、1次予選や最終予選の前にチームに合流するスタイルを強いられた。

「16年1月の五輪最終予選も1カ月間、コンディションが凄く良くて結果(6試合3得点)も残せました。A代表の今年3月の2連戦(2得点3アシスト)もフィットしていた。結果が出ている時は状態のいい時」とコンディションの重要性を実感している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る