• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

久保裕也<6>ロシアで戦うためには連係面の熟成が不可欠

 ロシアW杯の抽選会の結果、日本代表は1次リーグH組に入ってコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。「W杯は一発勝負。どんなサッカーをやっても、どことやっても勝てる可能性はあると思う」と前向きに話していた日本代表FW久保裕也は、2016年1月のリオ五輪アジア最終予選(カタール)を制した自身の経験から「短期決戦を勝つために一番大事なのはコンディションです」と語気を強める。

 リオ五輪代表時代の久保は、海外組であるため国内合宿や強化試合にはほとんど参加できず、1次予選や最終予選の前にチームに合流するスタイルを強いられた。

「16年1月の五輪最終予選も1カ月間、コンディションが凄く良くて結果(6試合3得点)も残せました。A代表の今年3月の2連戦(2得点3アシスト)もフィットしていた。結果が出ている時は状態のいい時」とコンディションの重要性を実感している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る