二刀流を明言も 大谷は“投手専念”がジャイアンツの本音

公開日: 更新日:

 各球団による二刀流詣でが続いている。

 4日(日本時間5日)には大谷翔平(23)が最終候補として選んだとみられる7球団のうち、ジャイアンツ、ドジャースと面談。各球団の地元メディアの報道を総合すると、5日までにレンジャーズ、マリナーズ、カブス、エンゼルスの4球団が交渉を行い、残すはパドレスのみだという。

 いの一番に交渉に臨んだジャイアンツは、今年9月にボビー・エバンスGM、ジェレミー・シェリーGM補佐が来日。編成部門のトップ2人が大谷を視察して獲得候補にリストアップした。すでにボウチー監督は、NBCスポーツ・ベイエリアの取材に「先発ローテーションのトップ(1、2番手)に入る。休ませながらになるが、外野守備にも就かせ、年間で300~400打席は立つだろう」と具体的な起用法を明かしている。

 ジャイアンツを3度の世界一へと導いた名将は移籍1年目から二刀流で使う方針を示していたが、あくまでも口説き文句にすぎないとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る