欧州CL セネガル代表FWマネが圧巻2ゴール…香川は逸機2回

公開日:

 日本時間7日早朝開始の欧州チャンピオンズリーグ(CL)で、日本がロシアW杯で対戦するセネガルのエースFWと日本代表MF香川真司の決定力の違いが際立った。

 英プレミア・リバプール所属のセネガルFWマネは、ロシアのスパルタク・モスクワ戦に右サイドFWとして先発。後半2分に左からのクロスを右足の強烈ボレーでチーム4点目をブチ込み、同31分には右からのクロスに体勢を崩しながら反応。右足首に当ててゴールを決めた。いずれも身体能力の高さに加え、類いまれなゴールセンスを感じさせるスーパーゴールだった。

 強豪レアル・マドリード(スペイン)と対戦した独ドルトムントMF香川は前半27分、相手ペナルティーエリア内に進入してパスを受け、1点モノの決定機を迎えた。しかし、シュートのタイミングが遅れてDFにブロックされた。2―3で迎えた後半43分、相手マークを切り返しで外してGKと1対1となったが、シュートはクロスバーを越え、絶好の同点機をミスキックでフイにした香川は、ピッチに突っ伏して動けなかった。

 ゴールハンターFWマネ。間違いなく脅威だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る