いまだ氷上に乗れず…羽生結弦の怪我長期化に専門医見解

公開日: 更新日:

■「特別枠」での平昌出場は逆に酷

 羽生は少なくとも2度、右足首を故障している。13年は世界選手権(4位)のフリー公式練習中、15年は世界選手権(2位)の2カ月前。ともに“強行出場”した。

「古傷によってすでに靱帯が緩くなっている可能性が高い。捻挫が重なると、足首がグラグラして、疲労がたまるとくじいてしまうようになります。リハビリで足首を強化することになりますが、フィギュアスケートの場合、舞台は氷の上。温かい陸上と冷たい氷上でのリハビリでは、筋肉の動きが全然違う。寒いところでは筋肉が縮こまり、思ったように動かない場合もある」という若月院長は、さらにこう続ける。

「捻挫をしたとき、安静にするのは1週間程度。それ以降は少しずつでも運動した方がいい。1カ月後は安静にする時期ではありません。例えば、骨折したときギプスをつけて動かない状態にしますが、外したとき痛みが出て動かせないように、安静にしすぎても良くない。何度もケガをしている箇所で、五輪に出る一流アスリートであれば、怖さが痛みになっているかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る