解説者も太鼓判 フィギュア宮原知子メダルへのシナリオ

公開日:

 日本女子のエース、宮原知子(19)がシーズンを追うごとに復調気配を見せた。

 2017年1月に負った左股関節の疲労骨折から復帰した今季序盤は苦戦。実戦感覚を取り戻せず、ジャンプのミスも目立ち、復帰戦となった今季初戦のGPシリーズNHK杯(11月)は5位に終わった。

 練習量を制限され、10月になってようやくジャンプの練習を再開する状態だっただけに、調整不足は否めなかったが、11月末のGP米国杯で完全復活。自己ベスト(218.33点)に4.30点に迫る214.03点で、15年NHK杯以来のGPシリーズ2勝目を挙げた。

 世界女王メドベージェワ(ロシア)の負傷欠場で繰り上がり出場した12月のGPファイナルはショートプログラム(SP)でのジャンプが回転不足と取られて加点されなかったのが響き、合計213.49点の5位に沈んだものの、平昌のメダル候補である3位のオズモンド(カナダ=215.16)とは、わずか1.67点差。宮原はフリーの技術点(67.00)で、コストナー(66.87)、オズモンド(66.50)を上回っており、五輪本番での逆転は決して不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る