解説者も太鼓判 フィギュア宮原知子メダルへのシナリオ

公開日:

 日本女子のエース、宮原知子(19)がシーズンを追うごとに復調気配を見せた。

 2017年1月に負った左股関節の疲労骨折から復帰した今季序盤は苦戦。実戦感覚を取り戻せず、ジャンプのミスも目立ち、復帰戦となった今季初戦のGPシリーズNHK杯(11月)は5位に終わった。

 練習量を制限され、10月になってようやくジャンプの練習を再開する状態だっただけに、調整不足は否めなかったが、11月末のGP米国杯で完全復活。自己ベスト(218.33点)に4.30点に迫る214.03点で、15年NHK杯以来のGPシリーズ2勝目を挙げた。

 世界女王メドベージェワ(ロシア)の負傷欠場で繰り上がり出場した12月のGPファイナルはショートプログラム(SP)でのジャンプが回転不足と取られて加点されなかったのが響き、合計213.49点の5位に沈んだものの、平昌のメダル候補である3位のオズモンド(カナダ=215.16)とは、わずか1.67点差。宮原はフリーの技術点(67.00)で、コストナー(66.87)、オズモンド(66.50)を上回っており、五輪本番での逆転は決して不可能ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る