• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界選手権は銀も…カーリング日本女子に予選敗退の危機

 カーリング女子日本代表のLS北見。一昨季(2016年)の世界選手権では、司令塔であるスキップ藤沢五月(26)中心の布陣で日本女子史上初の表彰台(準優勝)に立った。

 平昌ではさらなる飛躍を期待されるものの、メダル獲得は極めて厳しい状況だという。

 そもそも、先の世界選手権で結果を残したのは、ライバルに比べてルール変更への対応が早かったからだ。大会前、世界カーリング連盟は、氷の損傷を軽減するため、ストーンが滑りやすくなるパッドや毛ブラシの付いたスティックを禁止。カナダなどの強豪でさえ、新ルールで認められたスティックではストーンのコントロールがままならず、苦戦するチームが多かった。

 その反省から各国とも用具への対応を急ぎ、今ではスティックさばきで日本をしのぐライバル国は少なくない。確実性とパワーが課題とされる日本女子はラウンドロビン(予選)敗退もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る