• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪キャスターも? おめでた田中理恵の明るい未来

 身重の体で大忙しだ。元体操選手の田中理恵(30)である。現在はスポーツキャスターとして活躍するだけでなく、東京五輪組織委員会の理事を務めるなど仕事も肩書も増加中。自身のSNSで妊娠5カ月であることを報告した25日は、2020年東京五輪の新グラフィック発表会に出席。

 続く27日は、東京2020オフィシャル商品「明治プロカル」発売記念「スマイルリレープロジェクト」キックオフ小学校特別授業に登場し、泰明小学校(東京・銀座)に通う4年生の児童らとともにパラ競技の「ボッチャ」を体験した。同イベントは2時間近くに及んだが、終始笑顔。「田中のお姉さんがとってもきれいだった!」(参加した女子児童のひとり)と羨望のまなざしを浴び、美人アスリートとして人気を博した実力をいかんなく発揮したのだった。

「支援する側として、東京五輪が成功できるよう頑張っていきたい」と、意気込んだ田中。13年12月の現役引退後は、母校である日体大の児童スポーツ教育学部助教に就任し(今年3月末に退職)、後進の育成にも尽力してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る