• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

序盤から苦戦し…錦織圭5カ月ぶり復帰戦は“自滅”の敗北

 今季初戦で不安を残した。

 右手首の故障で長期離脱を強いられた男子テニス世界ランキング24位の錦織圭(28)が23日(日本時間24日)、ATPツアー下部大会の「ニューポートビーチ・チャレンジャー」で復帰。1回戦で同238位のデニス・ノビコフ(24=米国)と対戦。セットカウント1―2で敗れた。

 5カ月間、コートから遠ざかっていただけに、実戦感覚が鈍ったのだろう。錦織は立ち上がりから苦戦した。第1セットは193センチと長身から繰り出す相手のショットにもてこずり、リターンが決まらない。

 第1ゲームは連続ポイントを奪われ、最後は錦織のショットが外れて、相手に先取された。第4ゲームは痛恨のダブルフォルトもあって、先にブレークされてリードを広げられた。その後は互いに譲らず、3―5で迎えた第9ゲームでは連続でサービスエースを決められて、このセットを落とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る