ツアー復帰は2月に持ち越し 錦織“完全復活”は秋に照準か

公開日:

 右手首の負傷で昨年8月から離脱している錦織圭(28)。

 開催中のブリスベン国際を欠場したことで、15日からの全豪オープンもパス。本人は「いきなり5セットはキツい」と話しているからで、復帰は早ければ2月12日からのニューヨーク・オープンになりそうだ。

 2015年に4位だった世界ランクは、昨年暮れの時点で22位まで下がった。本人に多少の焦りはあるかもしれないが、しかし、痛めたのは利き腕の手首の靱帯だ。

「18年シーズンは無理をしないでしょう」と、スポーツライターの武田薫氏がこう続ける。

「右利きの選手が左手首を痛めても、復帰には時間がかかる。両手を使ったバックハンドでトップスピンをかけるには負担がかかるからです。まして錦織は利き腕の右手首を痛めたわけで、ただでさえ手首を酷使する技巧派だけにプレーには慎重にならざるを得ない。次に痛めたら手術といわれていますから。それに昨年は故障明けで世界ランクを落としていたナダルとフェデラーが結果を出した。むろん彼らとは状況も置かれた立場も違いますが、必ずしも世界ランキングにこだわる必要はないことが証明されましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る