ウズベキスタンに惨敗 課題山積み森保ジャパンの前途多難

公開日: 更新日:

 中国で開催中のU―23アジア選手権準々決勝で日本五輪代表が、ウズベキスタン相手に0―4でボロ負けを喫した。

 23歳以下で構成されるウズベキスタンの今回メンバーは12年U―16アジア選手権優勝、14年U―19アジア選手権3位、15年U―20W杯ベスト8の主力がズラリ勢ぞろい。

 20年の東京五輪を見据え、20歳以下の選手でメンバーを組んだ日本は苦戦が予想されていた。しかし、同じ負けるにしても、試合内容がお粗末すぎた。

 31分に失点すると選手は浮足立ち、ここからはチョンボのオンパレード。CB立田が自ペナルティーエリア内でモタつき、ボールを奪われて失点したり、日本の3選手が相手MF1人を囲みながら、切り返しに翻弄されてゴールを決められたり、あまりのコテンパンぶりに「個々の判断力、局面でのうまさ、チームとしての成熟度など総合力が上でした」と森保監督も脱帽するしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る