日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3月に国際大会 北沢豪氏が語る“障がい者サッカー”の魅力

 3月21~25日に品川・天王洲で開催される「ブラインドサッカーワールドGP」(参加6カ国)の組み合わせ抽選会が行われ、世界ランク8位の日本は同5位トルコ、同16位イングランドとA組に入った。抽選会でドロワーを務めた日本障がい者サッカー連盟の北沢豪会長(元日本代表MF)を直撃した。(聞き手・構成=元サッカーダイジェスト編集長・六川亨)

「まるで『見えているんじゃないか?』と言いたくなるようなプレーを体感するには世界大会を実際に見て、その凄さに気づいていただくことが一番です。強豪のアルゼンチン(同2位)はB組に入りました。A組で同居した場合、必ず(一度は)対戦できるので『その方が日本代表の強化につながったかも?』と思いましたが、選手たちには一生懸念に頑張ってもらって(A、B組の1位同士として)決勝で対戦して欲しいと思います」

「14年に国際大会を誘致して代々木競技場で世界選手権が開催され、ブラインドサッカーの知名度も上がりました。このワールドGPを成功に導くことは、非常に有意義なことだと感じています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事