女子SP世界記録 クールなザギトワが見せたガッツポーズ

公開日:

「あまり感情は表に出さない」

 15歳の女王候補は苦笑いでこう言った。21日の女子ショートプログラム(SP)で世界歴代最高の82.92点を叩き出したザギトワ(OAR)。SP上位3人が並んだ記者会見で、「はしゃいだり跳びはねて喜んだりしないのか」という質問が飛ぶと、冒頭のように答え、「自分の性格だから」と続けた。

 日本でいえば中学3年生。クラブの先輩であるメドべージェワに比べると、大人の情感や表現力に欠ける部分もある。それを埋めるため、ジャンプの構成に工夫を凝らした。基礎点が1.1倍になる演技後半にすべてのジャンプを詰め込み、2連続3回転のコンビネーションジャンプの中に最高難度であるルッツを入れた。この露骨なプログラムは「後半に点を稼ぐために前半に時間を稼いでいる」と批判されたが、それをはねのけ、トップに立った。

 クールビューティーが見せた写真の小さなガッツポーズがすべてを物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る