• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欲しいのは皇帝の座 羽生結弦が見据えるプルシェンコ超え

 金メダリストの周囲がかまびすしい。

 66年ぶりの五輪連覇を果たした男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)の出身地である仙台市の郡和子市長が27日、偉業を称えてモニュメント設置を検討すると明かした。国民栄誉賞の授与もささやかれるなど、民間団体の賞も含めれば、今年の羽生は受賞ラッシュになりそうだ。

 金メダリストは政治家や役人の業績づくりに利用されかねないが、当の羽生は国民栄誉賞など目もくれていないという。

 世界のトップスケーターに上り詰めた羽生が見据えているのは「フィギュア界の皇帝」の異名を持つロシアのエフゲニー・プルシェンコ(35=顔写真)超えだ。

 プルシェンコはソルトレークシティー大会から4大会連続で五輪に出場し、金2個を含む4個のメダルを獲得。31歳で出場した14年ソチ大会では団体金メダルに貢献しており、フィギュア界のレジェンド的な存在でもある。ソルトレークでの滑りを見た羽生が五輪を目指すきっかけとなったスケーターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る