• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

欲しいのは皇帝の座 羽生結弦が見据えるプルシェンコ超え

 金メダリストの周囲がかまびすしい。

 66年ぶりの五輪連覇を果たした男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)の出身地である仙台市の郡和子市長が27日、偉業を称えてモニュメント設置を検討すると明かした。国民栄誉賞の授与もささやかれるなど、民間団体の賞も含めれば、今年の羽生は受賞ラッシュになりそうだ。

 金メダリストは政治家や役人の業績づくりに利用されかねないが、当の羽生は国民栄誉賞など目もくれていないという。

 世界のトップスケーターに上り詰めた羽生が見据えているのは「フィギュア界の皇帝」の異名を持つロシアのエフゲニー・プルシェンコ(35=顔写真)超えだ。

 プルシェンコはソルトレークシティー大会から4大会連続で五輪に出場し、金2個を含む4個のメダルを獲得。31歳で出場した14年ソチ大会では団体金メダルに貢献しており、フィギュア界のレジェンド的な存在でもある。ソルトレークでの滑りを見た羽生が五輪を目指すきっかけとなったスケーターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

もっと見る