欲しいのは皇帝の座 羽生結弦が見据えるプルシェンコ超え

公開日:

 金メダリストの周囲がかまびすしい。

 66年ぶりの五輪連覇を果たした男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)の出身地である仙台市の郡和子市長が27日、偉業を称えてモニュメント設置を検討すると明かした。国民栄誉賞の授与もささやかれるなど、民間団体の賞も含めれば、今年の羽生は受賞ラッシュになりそうだ。

 金メダリストは政治家や役人の業績づくりに利用されかねないが、当の羽生は国民栄誉賞など目もくれていないという。

 世界のトップスケーターに上り詰めた羽生が見据えているのは「フィギュア界の皇帝」の異名を持つロシアのエフゲニー・プルシェンコ(35=顔写真)超えだ。

 プルシェンコはソルトレークシティー大会から4大会連続で五輪に出場し、金2個を含む4個のメダルを獲得。31歳で出場した14年ソチ大会では団体金メダルに貢献しており、フィギュア界のレジェンド的な存在でもある。ソルトレークでの滑りを見た羽生が五輪を目指すきっかけとなったスケーターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る