ジョコ撃破のダニエル太郎 スペインでの苦労ようやく実る

公開日:

 まさかの大金星に世界が沸いた。

 11日、テニスのパリバ・オープン(OP)男子シングルス2回戦で元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(30)を撃破したのは、日本人のダニエル太郎(25)だった。

 4大大会通算12勝を誇る世界ランク13位のジョコビッチに対し、ダニエルは同109位(5日現在)。予選から勝ち上がったダニエルの勝利は大番狂わせで、パリバOP公式サイトはこの一戦を「日曜日の衝撃」というタイトルで報じた。

 ダニエルが「相手は本調子ではなかった」と言ったように、ジョコビッチは右肘の故障明け。今年1月の全豪OP後に手術し、今大会が復帰戦だった。

 それでも、「自分のキャリア、将来にとって大きな1勝」と喜んだダニエルの勝利はマグレなのか。スポーツライターの武田薫氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る