• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国新鋭チョンがジョコ撃破 錦織はアジア盟主陥落の危機

「アジアの盟主」交代も時間の問題か。

 右手首を痛めていた男子テニスの錦織圭(28=世界ランク24位)が23日(日本時間24日)、ATPツアー下部大会の「ニューポートビーチ・チャレンジャー」で復帰。1回戦で同238位のデニス・ノビコフ(24=米国)にセットカウント1―2で敗れ、復帰戦白星はならなかった。

 右手首に違和感を抱える中での出場に「試合をこなせたことはいいステップになった」と前向きに話したが、先行きは不透明だ。

 ここにきて、世界の若手が台頭。錦織が欠場した全豪オープンの4回戦では、同58位のチョン・ヒョン(21)が4大大会優勝12回のノバク・ジョコビッチ(30)を破る金星を挙げた。韓国勢では男女を通じて初の4大大会4強入りを果たした。

 韓国の新鋭はジュニア時代、錦織と同じIMGアカデミーに所属し、西岡良仁(22)らと腕を磨いた。186センチと大柄で豊富な運動量とストロークを武器とするチョンの実力は折り紙付き。ATPツアーが若手の有望株を集めた昨年11月の「ネクストジェネレーション・ATPファイナル」では同世代の海外勢を相次いで撃破し、初代王者に。ATPが選ぶ「次世代エース候補」のひとりにも名を連ねた。世界の頂点を極めたジョコビッチも「確実にトップ10の選手になれるテニスをしている」と将来性を高く評価している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る