武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

フェデラーとナダル “最高峰の2人”が日本で見られない訳

公開日: 更新日:

 男子テニスのアジアシリーズが終わった。最後の上海マスターズの決勝は、今季ツアーを象徴するようにロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの激突となり、フェデラーが今季6勝目。北京のチャイナオープンはナダルが勝って、最新世界ランクは1位ナダル、2位フェデラー。中国のファンは華麗な旬のテニスを堪能しただろう。

 東京開催の楽天オープンも錦織圭が欠場した割には上々の観客動員で、ダブルスでは内山靖崇とマクラクラン勉の日本ペアが12年ぶりに優勝した。ダブルスの決勝で客席が埋まることは、海外大会ではまずない。日本の観客は最高と、プレーヤーの意見は一致する。

 伊達公子は「タメ息ばかり」と嘆いたが、それも試合に没頭するあまりで、好プレーには自然に称賛の拍手が湧く。皇室にも愛され、多くの国際大会が開催されてきた伝統のたまものに他ならない。その最高の客が最高のプレーを見ることができない……フェデラーの日本でのプレーは06年の1度だけ。ナダルは6年前が最後で、ノバク・ジョコビッチに至ってはユニクロ契約時にすらプレーしていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る