武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

フェデラーとナダル “最高峰の2人”が日本で見られない訳

公開日:

 男子テニスのアジアシリーズが終わった。最後の上海マスターズの決勝は、今季ツアーを象徴するようにロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの激突となり、フェデラーが今季6勝目。北京のチャイナオープンはナダルが勝って、最新世界ランクは1位ナダル、2位フェデラー。中国のファンは華麗な旬のテニスを堪能しただろう。

 東京開催の楽天オープンも錦織圭が欠場した割には上々の観客動員で、ダブルスでは内山靖崇とマクラクラン勉の日本ペアが12年ぶりに優勝した。ダブルスの決勝で客席が埋まることは、海外大会ではまずない。日本の観客は最高と、プレーヤーの意見は一致する。

 伊達公子は「タメ息ばかり」と嘆いたが、それも試合に没頭するあまりで、好プレーには自然に称賛の拍手が湧く。皇室にも愛され、多くの国際大会が開催されてきた伝統のたまものに他ならない。その最高の客が最高のプレーを見ることができない……フェデラーの日本でのプレーは06年の1度だけ。ナダルは6年前が最後で、ノバク・ジョコビッチに至ってはユニクロ契約時にすらプレーしていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る