日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

フェデラーとナダル “最高峰の2人”が日本で見られない訳

 男子テニスのアジアシリーズが終わった。最後の上海マスターズの決勝は、今季ツアーを象徴するようにロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの激突となり、フェデラーが今季6勝目。北京のチャイナオープンはナダルが勝って、最新世界ランクは1位ナダル、2位フェデラー。中国のファンは華麗な旬のテニスを堪能しただろう。

 東京開催の楽天オープンも錦織圭が欠場した割には上々の観客動員で、ダブルスでは内山靖崇とマクラクラン勉の日本ペアが12年ぶりに優勝した。ダブルスの決勝で客席が埋まることは、海外大会ではまずない。日本の観客は最高と、プレーヤーの意見は一致する。

 伊達公子は「タメ息ばかり」と嘆いたが、それも試合に没頭するあまりで、好プレーには自然に称賛の拍手が湧く。皇室にも愛され、多くの国際大会が開催されてきた伝統のたまものに他ならない。その最高の客が最高のプレーを見ることができない……フェデラーの日本でのプレーは06年の1度だけ。ナダルは6年前が最後で、ノバク・ジョコビッチに至ってはユニクロ契約時にすらプレーしていないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事